本園は、にっしん積み木教育を取り入れ、「知能教育」を行っています。知能教育は、幼児教育において非常に重要とされており、積み木あそびを通して、非認知能力、空間認識能力、思考力、集中力、持続力、創造力、記憶力等の発達を促し、同時に、長さ、大きさ、色の識別、数字等も習得していきます。現在、知能教育と非認知能力を高めることの重要性が強く謳われ、知育玩具に関しても非常に関心が高くなっています。この全てに該当する積み木あそびは、幼児教育にとって必要不可欠なものかもしれません。

積み木は子供達にとっておもちゃということもあり、様々な種類の積み木を思う存分使って遊べるにっしん積み木教育は、本園の教育の中で、子供達から絶大なる人気を誇る教育です。

※積み木は、約10種類のにっしん積み木知育玩具を使用します。
※積み木あそびは、1歳児から行います。