修了式

投稿日:2020年03月17日(火)

今日で、今年度の1号児の保育が全て終了しました。
保護者の皆様、沢山のご支援とご協力、
そして、ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

今年度は、台風やコロナウィルス等、
保育とは別なことで悩まされることが多い年度でしたが、
それとは裏腹?に、
保育に関してはとても充実した年度だったなーと感じます。

年度を振り返って、こう思えるのも、
いつも元気をくれたJUO KIDS、
暖かい気持ちでご支援くださった保護者の皆様、
園をサポートして下さった業者の皆様、
全力で子供達と向き合ってくれた先生達がいてくれたおかげです。
改めて、感謝申し上げます。

 

明日は、卒園式。
人数制限等のマイナスなことは正直ありますが、
式の内容は、逆に良かった!と、思ってもらえるよう、
子供達がプラスに変えてくれるはずです!


歌の発表

投稿日:2020年03月16日(月)

今日は、国から卒園式に関する通達が。
時間短縮に関しては、赤文字。

それを見て、もしかしたら、練習してきた歌の発表も、
カットになってしまう?
と思ったのか、職員室で仕事をしていると、
年長の先生から内線がなる。

「今ホールで、卒園式で歌う歌の練習をしているんですけど、
直紀先生、是非、聞いてもらえませんか?」

 

ホールに行ってみると、
子供達が真剣な眼差しで、歌の発表を全力でしてくれました。

今まで聞いてきた年長の歌声の中で、一番いい歌声。
気持ちが乗ってるって感じですね。
あんな最高な歌を聞かせられたら、
時間短縮のためにカットなんてできませんよ。
めちゃくちゃ素敵な歌声なんですよ。

みんなで歌えるのも最後。
年長全員で、親に発表できるのも最後。

是非、保護者の皆様に、最後の発表として聞いて欲しいです。

 

卒園式は、子供達がやることは極力カットしない代わりに、
他の所を割愛させていただくことがありますが、ご了承下さい。


卒園制作完成

投稿日:2020年03月13日(金)

保育参観では仕上がらなかった卒園制作を、
継続して子供達に描いてもらい、今日、完成しました〜!

作品は、卒園式から展示をはじめますので、
楽しみにしていて下さい!

 

作品完成とは別に、少し残念なお知らせが。
今日の朝、正面玄関前の花壇の花が、
少しではありますが、摘み取られて花壇に置いてありました。
子供が間違って取ってしまったのかは分かりませんが、
花壇がある場所は駐車場ですので、
お子様から目を離さないように、ご協力をお願い致します。


園外保育

投稿日:2020年03月12日(木)

今日は、赤・青・緑組が、園外保育で、
パノラマ公園に行ってきましたー!

先日、パノラマ公園でも芝滑りができる!
ということが判明したので、先生も一緒に芝滑り〜!!

運転手さんが、新型を作ってくれました!
青組は、1回目、顔が引きつってましたね。笑

天気もよく、卒園した小学生にも会えたりと、
楽しい園外保育でした!

園では、今年度最後の池田先生との体操あそび。
何をして遊んだのかな〜?

 

池田先生、今年度もありがとうございました。
園評価のアンケートに、

「池田先生にはずっと園にいてほしいです!」

とのコメントがあったのですが、
来年度も来てくれることが決定しましたーーーー!!!

ホッと、一安心。


3月11日

投稿日:2020年03月11日(水)

東日本大震災から9年。

「命」について

先日も、ニュースでありましたが、
親が目を離した隙に、園バスを待っていた下の子がバスの事故にあってしまった。
駐車場で、親が目を離した隙に、他の保護者の車と事故にあってしまった。

あのとき、手を繋いでおけば・・・。

 

と悔やんでも、起きてしまってからでは、
本当に取り返しがつきません。

 

先日の園評価のアンケートの中にも、
「駐車場で子供が遊んでいてとても危なかったことがある。
保護者は、駐車場で子供をあそばせないようにしてほしい」
とのコメントがありました。

 

今日は、「命」に関して見つめ直せる、
とても良い機会だと思いますので、
「これからはこうしようか」等、
是非、ご家族で話し合ってみて下さい。


お別れ会

投稿日:2020年03月10日(火)

今日は、クラスごとに、年間のDVDを見たり!

年中児が年長児にプレゼントを渡して、
その後、アツく握手を交わしたり!

緑組も一緒に、ダンスやゲームをして遊んだり!
因みに緑組は、来年度、スムーズに年少へ移行できるように、
時間を作って年少児と生活をしています。

シチュー会食で、なぜかパンにシチューを入れたりして、
お別れ会を楽しみました。

昨日は、お店屋さんごっこや、
年長児に似顔絵を描いてもらったりして遊びましたー!


感謝

投稿日:2020年03月09日(月)

保護者の皆様、園評価のご協力ありがとうございました。

これまでで一番良い評価をいただけた昨年度。
そして今年度。
先生達はベストを尽くしてくれ、
JUO KIDSはそれに比例して、成長した姿を見せてくれた。
ただ、今年度の評価は、来年度の教育変更の影響で、
かなり厳しい評価になるだろう・・・と覚悟。

そして、心して評価に目を通してみると、
そこにはなんと、保護者の皆様から、

“先生達への感謝の言葉ばかり” でした。涙

 

教育が変わること、お金の面で負担が増えること、
それに対して色々な感情が絶対にあるはずなのに、
そこに書いてあったのは「感謝」の言葉がほとんど。

普通ではあり得ません。
本当に、十王幼稚園・保育園の保護者は凄いです。
正直、そんな素晴らしい親に育てられる子供は、
園の力がなくても、間違いなく立派に育ちます。

ただ、私達を信じて、期待をして下さっている保護者の皆様に、
恩返しをしなくてはなりません。

朝から晩まで365日、下手すると寝てる時でさえ、
JUO KIDSと先生達にとって、より良い教育・環境はないか?
と考え、決断した今回の教育変更なので、
間違いなく、子供達にとっても先生達にとっても、
より良い方向に進むはずです。

必ず子供達が、より楽しく、
より成長をして、より園が好きになるようにしてみせます。

 

評価では、もちろん貴重なご意見等も頂いております。
1年後、最初は不安だったけど、更に良くなったね!
と言っていただけるように、ご意見を真摯に受け止め、
全力で頑張っていきます。

 

深謝


GrapeSEED 課外募集

投稿日:2020年03月07日(土)

小学1・2年生を対象に、英語の課外生徒を募集致します。
(卒園児以外の小学生も対象です)

英語教育の名前は、「GrapeSEED」

詳しくはGrapeSEEDのホームページをご覧ください。
本当に素晴らしい英語教育です。

 

広告の、“小学生の募集は今年度のみ” とはどういうこと?
と疑問に持たれた方がいらっしゃると思いますので、
説明させて頂きます。

GrapeSEEDは、園児であっても、小学生であっても、
全く同じスタートラインから始まる教育になります。
そのスタートラインが、GrapeSEED Unit1となり、
年間(120コマ)でUnit1〜4と、4Unit行います。

つまり、令和2年度からGrapeSEEDを始める本園は、
年中も、年長も、小学生も、Unit1からはじまるということです。
そして、令和3年度になると、
年中だった子はUnit4を終え、年長からUnit5がスタート
年長だった子はUnit4を終え、小学生からUnit5がスタート
小学1・2年生だった子は、同じくUnit5がスタートします

という流れで、令和3年度は、
小学1年生のクラスが、Unit1からではなく、
Unit5からのスタートとなるため、
年長でUnit4を終えた卒園児しか入会ができず、
広告の、”小学生の募集は今年度のみ” “途中入会が不可”
となるのです。

今の年長児、小学1年生が、(卒園児以外も対象)
本園でGrapeSEEDの教育を受けることができるのは、
今回の募集のみとなってしまうので、
本気でお子様の英語教育をお考えの方は、
是非、ご検討下さい。

 

この文章を書きながら思ったことが一つある・・・
他の園さんの今の年少・年中さんは、
GrapeSEEDの教育を受けたくても受けられないのか・・・
そこまで、考えてあげられていなかった・・・
どれほど需要があるか分かりませんが、
もし、このブログを見て、
GrapeSEEDを我が子にも受けさせたい!
と思った方がいらっしゃいましたら、園までご連絡下さい。

※クラスを作れるかは、小学生の人数によって決まってくるので、
今の時点ではなんとも言えません。
※十王幼稚園・保育園の子供達は、
正課でGrapeSEEDの教育を受けることができるので、
課外はGrapeSEED REPと言って、また別のカリキュラムになります。


卒園が近づく

投稿日:2020年03月06日(金)

今日は、年長児が、
園最後の遠足に行ってきました。

現在、コロナ感染防止対策の件で、
国から色々と通達があり、遠足の中止も検討しましたが、
予定を変更してでも、子供達が凄く楽しんでくれたので、
中止にしなくてよかったなーと思いました。

今日の遠足もそうですが、
何でもかんでも中止ではなく、
やり方を変えればできることもあると思いますので、
今後も、中止にしなくてはいけないことと、
行うことを、国の通達と照らし合わせながら、
検討していきます。

芝滑り楽しかったー!

鬼ごっこ → 手繋ぎ鬼ごっこ!

だるまさんが本当に転んだ!
T君だけ転んでない。笑

昼食の前は、しっかりと手洗い!消毒!

お弁当を食べてからも、沢山遊んできました!
顔がかたい。笑

楽しければ楽しい程、
行事が終わってしまうことが寂しいです。


マラソン大会

投稿日:2020年03月05日(木)

今日は、年間を通して走りこんできた集大成として、
マラソン大会を行いました。

当初予定をしていた場所が工事等で使用ができず、
場所を変えて行う予定が、コロナの問題が浮上し、
今回初めて園で開催。

マラソン大会を行う場所としては、若干狭かったですが・・・。
でも、中止にはしたくなかったので、ご了承下さい。

 

明日は、中止ではなく、場所が変更になった、
年長児園最後の遠足。
どこに行くかよりも、誰と行くか!
今のメンバーで遠足に行けるのは、これが最後。
明日、楽しんできます!


マラソン大会延期

投稿日:2020年03月04日(水)

本日予定をしておりましたマラソン大会は、
悪天候により延期とします。

園で行う為、天候が良い場合は明日行います。


誕生会

投稿日:2020年03月03日(火)

今日は、今年度最後の誕生会を行いました。

年間を通して、JUO KIDSの夢を沢山聞いてきましたが、
10年・15年後には、今年言った夢を叶える子も出てくるんでしょうね!
その夢を叶える上で、頭の片隅にでも入れてくれたら嬉しいなー、
という言葉があるので紹介します。

 

“Your happiness is My happiness”

 

自分さえよければ良いという考えの方で、
成功し続けている人を私は知りません。

マザーテレサの言葉で、

「この世の最大の不幸は、誰からも自分は必要とされていないと感じるとき」

という言葉がありますが、逆に言うと、
「人から必要とされることが、この世の最大の幸せ」

成功とは、人から必要とされることなんじゃないかなーと、
思っております。

 


コロナウィルス対策

投稿日:2020年02月28日(金)

3月からの予定について関係各位の皆様へお知らせ致します。
保護者の皆様へは、緊急連絡でお伝えさせて頂いた通りです。

国・市の判断により、
今後どのように変化するかは分かりませんが、
2月28日現在の予定では、通常通り開園する予定です。

 

(業者の皆様へお願い)

園舎内に入る際は、インターホンでお知ら下さい。
その際、マスク着用、体温測定、手の消毒の
ご協力をお願いさせて頂きますが、ご了承下さい。

 

今後、何か変更等がありましたら、随時お知らせ致します。


教育の柱

投稿日:2020年02月28日(金)

3日連続で、今後の教育内容について説明させて頂きましたが、

ヨコミネ式教育で培った十王幼稚園・保育園の体操、
英語教育GrpaeSEED、
にっしん積木教育、
自由あそび

この4つの教育が、
これからの十王幼稚園・保育園の柱になっていきます。
現在どの教育も茨城県では十王幼稚園・保育園でしか
受けることのできない教育で、
この4つの教育全てを受けられるのは、本園のみとなります。

ご期待下さい!


積木教育について

投稿日:2020年02月27日(木)

今日は、新年度導入する積木教育について。

ヨコミネ式教育の「計算」に取り組む子供達を見ていて思ったこと。
それは、子供は計算が好き!ということ。
わかるようになると、自らどんどん進めていく子供達。
ただ、こうも思いました。
ペーパーワークではなく、もっと遊び感覚でできれば、
もっともっと好きになるんじゃないかと。

そこで出会ったのが、「にっしんの積木教育」
以前から、積木には興味があり、
色々と調べたり、話を聞いたりはしていたのですが、
にっしんの積木教育は、それまで私の頭にあった積木教育とは、
全くの別物で、初めてみたときから、
JUO KIDSにもやらせてあげたいなーと、
ワクワクが止まりませんでした。

 

正直、積木教育を言葉で説明するのはとても難しいので、
後日、保育参観等で見て頂きたいと思いますが、
少し紹介致します。

 

まず、にっしんの積木教育で驚いたことのひとつに、
子供が扱う積木の量と種類の多さがあります。
インターネットで検索するとイメージできると思いますが、
これでもか!というくらい、
思う存分積木を使ってあそぶことができます。

そして積木教育は、積木という具体物を使って行うので、
数と数字の理解が、子供にとって、よりわかりやすく、
より遊び感覚で、より楽しんで取り組めるようになっています。

 

にっしん積木教育の凄いところ2つ目。
「諦めない心の育成」、つまり「非認知能力」の育成
に直結している教育であるということ。

例えば、四角の箱に、積み木を入れていって、
箱が全て埋まるようにするというあそび。
すると、最後のピースがはまらない・・・。
その場合、その周りの積木も変えて、
最後のピースをはめられるように、
何度も試行錯誤しながら最後のピースをはめていく。

「上手くいかないことを、諦めずに試行錯誤しながら最後まで頑張る」

この経験が、積木では沢山経験できるのです。
「非認知能力」を高めることが重要と言われている現在、
積木でのこの経験は、とてつもなく重要なことなのです。

 

3つ目は、集中力を高められる教育であるということ。

大人になってからも、とても重要な集中力。
にっしんの積木教育では、諦めない心の育成に加え、
ものすっごい集中力が付きます。そして集中の持続も凄いです。
言葉の説明だけでの理解は難しいと思いますが、
保護者の皆様にも、実際に見ていただき、
実際に積木あそびを体験していただければ、
積木の必要性をご理解していただけると思っております。
1学期の参観日まではまだ少し時間がありますが、
楽しみにしていて下さい。
間違いなく、日本一の積木教育です。

 

にっしん積木教育もGrape SEED同様、
茨城県で初導入園になります。