想像力

投稿日:2017年02月09日(木)

発表会や運動会など、お客様(受け手)がいる場合、
いつも先生達に伝えていることがあります。

受け手目線でも考えてくれ!と。
言葉では分かってはいても、意外と難しいみたいです。
私の説明が悪いせいかもしれませんが・・・

みんな持っている目線。
子供の動き等、単体で考える。もちろん一番大事なこと。

受け手目線。
子供単体ではなく、空間を想像して、受け手目線で考える。
単体で考えたことを、受け手がどう受け取るかを想像する。
この絵(受け手目線)を描いて作り上げる発表会と、
そうでない発表会とでは、かなりの違いがでると思います。

幼稚園や保育園の発表会は、この受け手目線ではなく、
子供単体だけで考えた発表会が多いのかなーと感じます。
こうやって書くと、ハードルが上がってしまいますが、
あえて気合いを入れるために書きました。

新人も含めて、先生達には受け手目線を想像できる人になってほしい。
残り発表会まで2週間、頑張ります。