教育方針②

投稿日:2019年11月14日(木)

今日で新入園児の面接が終了しました。
保護者の皆様、大変お忙しい中お越しいただき、
ありがとうございました。

今日は、子供の成長に関する、
園の教育方針・考え方PART 2です。

 

最近、こう言った声をたまに耳にします。

「園で頑張っているから家ではいいんです・甘やかしちゃってます」
「園で栄養のある食事を取っているから、家ではなんでも良いんです」
「園で食育をやってくれてるから、家では残してもいいんです」

もちろん、親も人間です。
いつも100%じゃなきゃダーメ!なんてことは勿論ありません。
日々、どれだけ子育てを頑張ってると思ってるの!
と誰かに言いたいけど言えない!
仕事もしてるのよ!
たまには、だらーっとしたい!休みたい!
そんなことも、とーぜんあると思います。

たーだ、

「園でやってるから家ではやらなくていい」

という考え方は、園の教育方針とは真逆の考え方になります。

私達は、勿論全力でサポートさせていただきます。
しかし、本来親がやるべきことを先生がやってしまい、
本来親がやるべきことを親がやらなくなってしまっては、
子供にとって、私達教師の存在はマイナスでしかありません。

親が作ってくれるご飯、親が読んでくれる絵本、
親と沢山話す時間、親とあそぶ時間・・・
子供にとって、当たり前ですが親が1番です。
どれだけ良い先生がいたとしても、
親の変わりを務めることはできません。
だからこそ、家庭保育が重要なんです。

「園でやってることを家でもやろう!」

と変えるだけで、間違いなく、
お子様は成長して、より園生活が楽しくなり、
親は、より子育てが楽しくなると思います。

 

子供の未来のために、
園とご家庭とで、共に子育てを楽しんでいきましょう!
どうぞよろしくお願い致します。