誰にでもできることで差をつける

投稿日:2018年03月06日(火)

一流のダンスの振り付け師の方が、ダンスバトルの審査員として、
あるダンスグループにこんなことを言っていました。

「全員でシンクロをして踊る難所の所は見事でした。
しかし逆に、誰にでもできる最も簡単なフリの所が揃っていなかった・・・。
難所の所に力を注ぐことも大事ですが、
私は、“誰にでもできることで差をつけることが重要”だと思います。
それができれば、必ずもっと良くなります。」

 

私はこのコメントを聞いて、
ダンスも、教師の仕事も同じなんだなーと思いました。

“基本が最も大事。そして基本の事と、他の事・仕事はリンクしている”

 

人材育成にゴールがあるとすれば、
この考え方ができるようになり、
実行できるように育てることかもしれません。

私は、この考え方+実行ができている人は、
仕事ができることはもちろんなのですが、
単純に、人から好かれるなーと感じます。

 

P.S. 昨日は防犯訓練を行いました。
RED,BLUE,GREENのみんな、驚かしてごめんね。