心を育てる

投稿日:2018年02月15日(木)

心を育てること。

幼児教育で最も大切なこと。
そして、発表会の練習を含めた、発表会を行う最大の目的。

一口に心と言っても沢山あり、
目に見えるものではないので、
本園では、心を具体的に言葉で表し、保育に反映させています。

・人の話を素直に聞ける素直な心
・何事にも全力で挑戦し、最後まであきらめないたくましい心
・誰かのために頑張ることができる誠実な心
・頑張っている人がいたら応援できる思いやりの心
・困っている人がいたら手を差し伸べられる優しい心
・卑怯なこと、弱いものいじめをしない強い心
・我慢ができる克己心
・あたりまえの事に感謝ができる謙虚な心
・自ら学ぼうとする好奇心・探究心
・自ら考え、行動する自立心

運動会の練習・本番もそうでしたが、
全力で発表会の練習を頑張っている姿を見ていると、
心って見えるんじゃないなかな?と思えてきます。