夏期保育2日目

投稿日:2019年08月29日(木)

今日は、夏期保育2日目で、
カレー会食を行うために、自分達で、
野菜を洗ったり、皮を剥いたり、切ったり、作ったりして、
楽しみました〜!

牡丹組と藤組は、7月の誕生会で当たったので、
ホールで一緒に食べました〜!


夏期保育1日目

投稿日:2019年08月28日(水)

今日から夏期保育がスタート!

年長児に、夏休みの宿題を毎日続けたかを聞いてみると、
毎日〇〇やった!〇〇ができるようになったよ!
等の、声が多く聞こえてきました。
「継続は力なり」ならぬ、「力なくして継続できず」
なんてことをある人が言っていましたが、
1日に手ぶみ50回だけでも、
毎日継続できた子はすごいと思います。

英語もそうですね。
毎日英語に通い続けることは、
支度もあると思いますので、誰にでもできそうでできない。

私が親だったら、子供のことですが、
子供が毎日続けられたら、
続けられるフォローをしてあげられたら 、
自分と子供を褒めて、ご褒美?として、
子供と一緒に美味しいご飯を食べに行くかな?

子供は親と共に成長する。
夏休みに、共に頑張ったことは、
必ず成長という形で表れます。今後が楽しみですね!

夏休みは終わりましたが、
今後も、園と力を合わせながら、
JUO KIDSを成長させていきましょう。

 

今日は、年長児がボディペイント、
年中児がスライム遊びと泡あそび、
緑・年少児がシャボン玉遊びを行いました。

「直紀先生」今年は何に変身するのー?
と楽しみにしていてくれた子が多かった今年のキャラ、
正解は、今年と言えば、

「アラジンのジーニー」

ウィルスミスを超える予定だったんだけどな・・・笑

 


サマースクール

投稿日:2019年08月27日(火)

昨日に引き続き、今日は全卒園児対象の同窓会を行いました!

小学校では、人数の関係でサッカーが禁止と聞いたので、
サッカーをしたり、ドッジボール、リレー、プール等をしてあそびました。
高学年になると、もうなんでもガチで一緒にあそべますね!
楽しかった。

卒園をしても、こうやって遊びに来てくれることが本当に嬉しいです。
来年も行いますので、また是非遊びに来てください。
来年の日程は、 夏休み前にブログでお知らせします。


同窓会

投稿日:2019年08月26日(月)

今日は平成30年度卒のJUO KIDSとの久しぶりの再開の日!
そして、平成30年度の最後の仕事である、
完成した卒園アルバムをお届け!

今年もイナダスタジオさんご協力の元、
本当にすんばらしい作品が仕上がりました。
レイアウトを一新したり、色々とグレードアップしたので、
過去最高の仕上がりに!
無理難題な注文を沢山叶えて下さった、
担当の知久さん、本当にありがとうございました。
きっと、子供達の宝になってくれるはずです。

明日は全卒園児対象の同窓会。
子供達に感想をきいてみよう。
明日も沢山あそぶぞー。


ボランティア

投稿日:2019年08月08日(木)

今年度より、学生を対象にボランティアを募集しています。
保育士を目指している学生であれば、どなたでも参加可能です。
是非、一度お越しください!

※8月11日〜8月18日、土日祝日は行いません


無償化について重要事項

投稿日:2019年08月01日(木)

昨日は東京で、丸1日かけて、無償化に関して勉強。
これまで参加した無償化に関する研修会の中で最も勉強になった。

なぜなら、私立幼稚園連合会主催ということで、
お金の話だけでなく、無償化の目的である
「教育・保育の質」に関して、話を聞くことができたからです。

10月からの無償化で問題視されていることが、
“子供と親が一緒に過ごす時間の短縮” と “家庭保育の質の低下”です。

「無償で預かってもらえるなら、時間まで預かってもらおう」
「躾や食育等、園でやってもらってるから家ではいいや」

こういったことが、全国的に増えてしまうのではないか?
ということが問題視されいます。

今回の研修会では、
文部科学省幼児教育課専門官の先生、
全日本私立幼稚園連合会の先生、
神戸大学大学院人間発達環境学研究科の北野先生から、
その件に関して色々と話をきくことができましたので、
少し紹介させていただきます。

 

(子育ての役目は「親の責任・役目」である)

「無償で預かってもらえるなら、時間まで預かってもらおう」
「躾や食育等、園でやってもらってるから家ではいいや」

子供の成長にとって非常に危険な考え方です。
子供にとって親というのは、変えのきかない絶対的な存在で、
安定・安心感は、親に勝るものはありません。
そして、家庭(家)と園(外出先)でも、安定・安心感は全く違います。

「仕事が終わったらどこも寄らず、
1秒でも早く子供を迎えにいって、
1秒でも長く共に過ごす時間を作ってあげたい」

こういった親の思い・子供への関心・行動が、
子供の成長に非常に大きく影響します。

そして子供にとって親は一番大好きな存在です。
子供は、基本的生活習慣を大好きな人の真似をして習得します。
躾や食育等、園だけでは習慣にはなりません。
一番大好きな親の子育てが絶対的に必要です。

無償化に向けて、
園の役目と親の役目をしっかりと見直す必要があります。
無償化が、子供達にとって良いものになるように。

 

文部科学省の岩岡先生、神戸大学の北野先生、
本当にありがとうございました。
無償化が、子供達にとって良いものになるように頑張ります。