INADA STUDIO

投稿日:2016年12月26日(月)


冬至

投稿日:2016年12月21日(水)

今日は、1年の中で、最も日照時間が短い、

「冬至」です。

冬至と言えば、「かぼちゃ」や「ゆず湯」ですが、
なぜ「かぼちゃ」と「ゆず湯」なのか?

かぼちゃは、単純に栄養満点なので、
寒い冬にかぼちゃを食べて力を蓄えるということもありますが、
どちらも、冬至後に運が上向くとされているので、
運を呼び込むために、かぼちゃを食べたり、
柚子湯に入ったりするそうですね。

かぼちゃを漢字でかくと、南瓜(なんきん)
「ん」が2こつくということで、かぼちゃはパワーフード!

柚子がきく冬至 → 融通がきく湯治
語呂合わせと、運を呼び込む前のお清め!

柚子湯に入って体を清め、かぼちゃを食べて運気UP!!
こういう日本の伝統も、子供達に伝えていきたいです!


感謝

投稿日:2016年12月20日(火)

年末ということもあり、2016年を振り返る。

誰かに何かをしてもらったとき、当たり前と思っていなかったか?

思ってしまっていたこと、多々ありました・・・(反省)

レストランに行って頼んだものが出てくる。
お金を払っているから当たり前と思ったら何も生まれない。
食材を作ってくれた人、調理をしてくれた人、運んでくれた人、
そして、食材への感謝など、
日常生活のちょっとしたことへの感謝が足りなかったように感じます。

 

稲盛和夫さんの言葉で、

「他人からしてもらう立場の人間は、足りないことばかりに目につき、
不平不満ばかり口にする」

という言葉がありますが、そういう人間になってはいかんですね。
今年も残りわずかですが、感謝の気持ちを忘れず頑張ります。


「困った子」ではなく「困っている子供達」

投稿日:2016年12月19日(月)

週末、発達障害についての勉強会があったので、
参加してきました。

発達臨床研究所の講師の先生は、

「ここにいる私も含めて全員、何かしら発達障害はあるのではないでしょうか?」
(完璧な人間はいないということ)

「世間で発達障害と呼ばれる子は、人よりも少しそれが多いだけ」

 

という切り口で話をはじめたのですが、
確かに完璧な人間なんていないよなーと、その後も共感することばかり。
講演の内容は、発達障害の子供達の理解と対応だったのですが、
マイナスに感じてしまうようなことも、こうすれば大丈夫だよ!
それでだめなら、沢山知恵比べしながら色々試そうよ!
こうすればきっと楽しく子育てできるよ!
というように 、とにかくプラス思考の先生。
本当に学びが多い勉強会でした。

「理解」と「対応」、そして「プラス思考」、
藤井先生、沢山の学びをありがとうございました。


コスモスクラス クリスマス会

投稿日:2016年12月16日(金)

今週は、コスモスクラスでクリスマス会を行いましたー。
クリスマス会では、おやつをクッキング!

フルーツとチョコレートもトッピングしてっと!

チョコいっぱいかけちゃえ!

最後には、サンタクロースも来てくれましたー!
peace!!

コスモスクラスの皆様、来年もお子様・保護者の皆様共に、
楽しい時間が過ごせるよう頑張りますので、
どうぞ宜しくお願い致します。


誕生会・クリスマス会

投稿日:2016年12月14日(水)

今日は12月生まれの誕生会と、クリスマス会を行いました。

クリスマス会にて、誕生児と一緒にストリートオルガンを演奏。

「クリスマスと言えばー?」

と子供達に質問すると、いろいろ出てくる出てくる!!
その中でも、やっぱり多いのが、
サンタクロースとプレゼント。

よく、「良い子にしているとサンタクロース来てくれるかも?」
と言うことがあるかと思いますが、 JUO KIDSには、

「園の10個のお約束を守ることができたら、
もしかしたらきてくれるかも!」

と、より良い子とは何か?を詳しく伝えておきました。
クリスマスにプレゼントを貰えることは当然ではないので、
結構しつこく伝えておきました。笑

 

すると、今日は年長児と一緒にご飯を食べたのですが、
普段、野菜を残す子が残さず食べていたり!!!素直!

これはお約束の10番、

「自分の命・食べ物の命を大切にします」ですね!

よかったね!

こ・こ・これは一体?プ・プ・プレゼント?夢かー?


人間らしさ

投稿日:2016年12月13日(火)

「未来」

明日、何が起こるか等、未来のことはわからないことばかりですが、
近未来の英語やAIについて等、分かっていることもある。
その中で、今の子供達・未来の子供達に必要なこと、
それは、

「人間らしさ」

ではないでしょうか。
機械ではなく、人間でなければいけないことが、
確実に求められる世の中になる。

では、その人間らしさをどう育てたらいいのか?
先週行った、セミナーでも学んできましたが、

「躾」

が、人間らしさを育てるのにとても重要だそうです。
そして、私は「躾」だけでなく「運動神経を育てること」も重要と考えます。

 

躾や運動等、人間にとって”本当に大切なこと”は、
時代が変わっても、変わらないんだと思います。


学とは人たる所以を学ぶこと

投稿日:2016年12月12日(月)

先週末、東京に行って、
題名のように、人たる所以を学んできました。

人間とは何か?
なぜ仕事をするのか?
自立と自律
なぜ園児募集をするのか?
これから何が必要なのか?
等、当たり前のことでもあり、濃い内容でもありました。

 

学びを通して感じたこと。
努力するのは当たり前。そこがスタートライン。
そこから、どれだけセンス・発想力等を出せるか。

頑張ります!!


家庭教育学級

投稿日:2016年12月08日(木)

今日は、劇団かかし座さんをお呼びして、
影絵の劇、「三匹のこぶた」を親子で鑑賞しました。

劇の中で、「幸せと思うことってなに?」
と言う会話をこぶたがしていましたが、
幸せの定義は人それぞれ違うこともあって、
私も先生達と同じような会話をたまにします。
先生達に聞いてみると、

「えっ?以外と考えたことなかったです」

という答えが多かったり。
考えない=幸せなんでしょうね!

少し話がそれてしまいましたが、
劇団かかし座さん、役員さん、
楽しい時間をありがとうございました。


マラソン大会

投稿日:2016年12月07日(水)

今日は、マラソン大会を行いました。
JUO KIDSは、毎日マラソンを行っているので、
場所が違うだけでいつものことかもしれませんが、
そうは言っても、大会となると気持ちの入りがー

違いますね!!!

年少児も頑張った。

良い意味で、年少、年中、年長と差がでてたなーと思います。

一位はもらったー!!

距離は小学生並みに走った年長児ですが、
JUO KIDSなら、まだ走れる!?

悔しさをバネにしような!
JUO KIDSの根性、見せてもらいました。

あれだけの距離、人数が走って、転んだ子がいなかったんじゃないかな?
JUO KIDSすごいね!

保護者の皆様、沢山の応援、ありがとうございました。


苦手なことにも挑戦

投稿日:2016年12月06日(火)

楽しいお家・楽しい幼稚園、そんな中、子供達に訪れる壁、

“苦手な食べ物”

苦手なものを食べさせることは大変ですが、
食べ物に限らず、苦手なことが出てきたときは、
成長するチャンスでもあるのです。

大袈裟ではなく、
苦手な食べ物も一口は頑張る!
苦手な活動も頑張って練習する!
等、こういう積み重ねが、大人になったとき、苦手・大変な仕事から、
逃げずに頑張れるかに精通すると思っています。

 

「挑戦」・「頑張ってみようという気持ち」を育てるためにも、
どうしても苦手なものは一口だけでも挑戦させてあげて下さい。


食べる子は育つ

投稿日:2016年12月05日(月)

他園の幼稚園・保育園さんを見学に行くと感じることがある。

「JUO KIDSは食べ残しが非常に少ない。」

私がそう感じただけで、これが普通なのかな?と思い、
園の給食を作ってくださっている会社の担当者に聞いてみると、

「十王幼稚園・保育園さんのお子さんは、
他と比べて、本当によく食べます。
気持ちいいくらい残さず食べてくれます!」

との答えが。

 

やっぱり!!
そこで思ったことが、その理由として、
園では体を沢山動かすのでお腹がすく!
給食が美味しい!

ということも理由の一つではあるとは思いますが、
一番は、保護者の皆様の食育が素晴らしい!
これにつきると思います。

 

「食べる子は育つ」

これは本当に間違いありません!
今後とも、宜しくお願い致します。


もちつき

投稿日:2016年12月02日(金)

今日は餅つきを行いましたー。

大きさ・重さ、2倍はある大人用の杵に挑戦する年長男子!

おりゃーーー!!

さすが年長。勢いが違いました!

ついた餅で、ならせ餅をつくりました!
ならせ餅は、茨城県の伝統行事で、無病息災、五穀豊穣を願って、
正月に飾るものです。