卒園証書授与式

投稿日:2015年03月18日(水)

第45回 十王幼稚園卒園式を行いました。

卒園式が終わった今も、4月からみんなが園に来ないなんて、
考えられないです。 毎日、毎日一緒に遊んだからなー。
本当にみんながかわいい。

 

卒園式では、会長の安島さんの言葉が本当に嬉しかった。
一生忘れないと思うし、絶対に忘れちゃいけない。

是非、保護者の皆様には、小学校に行っても、
素敵な保護者のままでいてほしいと思います。
小学校の先生は本当に大変です。
見てくれることが当たり前と思うのではなく、
感謝の気持ちを持ち続けて下さい。

 

年長さん、保護者の皆様、

「楽しい時間を本当にありがとうございました」

謝恩会も開いて下さったこと、一生忘れません。
深謝

 

P.S. 沢山のお手紙、ありがとうございました。
私にとって最高の宝物です。


終了式

投稿日:2015年03月17日(火)

今日は終了式を行いました。
これで26年度の保育は無事終了です。
体操で骨折等の怪我はありませんでした。

JUO KIDS、保護者の皆様、業者の方々、職員、
ご指導を頂きました全国の園長先生・幼稚園の皆様 、
八田先生、広田先生、荒木先生・・・

十王幼稚園に関わってくれた全ての方に感謝を申し上げます。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

 

終了式では、年長児から素敵なプレゼントが!
年長さん、ありがとーう!

そして明日は卒園式。
天気予報見たら晴れだったので、予報が当たりますように!


ありがとう!!!

投稿日:2015年03月16日(月)

今日で31歳になりました!

「直紀先生誕生日おめでとーう」

と、職員からも子供達からも、沢山の嬉しい言葉。
JUO KIDSには、お花や、砂で作ったケーキを貰っちゃいました!

そして、職員からはサプライズプレゼント!!!
プレゼントは貰ったことも嬉しいけど、

「プレゼント何にする?」
「直紀先生色々とうるさそうだから迷うな・・・」

なんて、考えてくれたことだったり、職員の気持ちが本当に嬉しい。
きっと休日使って買いに行ってくれたんだろうな。
本当にありがとう。

 

「今後の目標」

今日のことだったり、
職員が十王幼稚園で働いてくれてること、
JUO KIDSが十王幼稚園にきてくれていること、
役員さんが協力してくれること、
ごはんが食べられること等、

「当たり前と思わず、感謝の心を忘れない」

この心は絶対に忘れちゃいけないなーと思います。
人は「当たり前」と思った時点から感謝をしなくなる。
そうならないためにも「当たり前」ではなく、
「感謝の心」を常に持ち続けられる人間になりたいと思います。


保育参観

投稿日:2015年03月12日(木)

本日は保育参観にお越し頂き、ありがとうございました。
そして、職員への温かいお言葉、本当にありがとうございました。

幼稚園の先生というのは、100%と言えるくらい、
「幼稚園の先生になりたい」という夢を叶えて仕事をしています。
ですが、好きなことを仕事にしているとはいっても、
いつも楽しいわけではありません。
辛いとき、苦しいとき、泣きたくなるときも沢山あります。
そんなとき、職員にとって一番の励みは、
子供達の笑顔と、保護者の皆様からの温かいお言葉なんです。

今日の職員への温かいお言葉が、どれだけ励みになったか!
本当にありがとうございました。

 

写真の最後は、十王幼稚園恒例行事、保護者対抗ドッジボール。
一番燃えてたのは、ありさ先生!?笑


3月11日

投稿日:2015年03月11日(水)

3月11日は、人によって思いが様々だと思いますが、
私は「初心に戻る日+感謝をする日」としています。

 

「毎日何か一つでいいから感謝すべし!」
「謙虚さ、感謝の心を忘れるな!」

という恩師からの言葉が、3月11日は特に思い出されます。
毎日感謝を見つけることは、もう習慣になりつつあるので、
恩師には本当に感謝です。
「感謝なくして成長なし」 ← 間違いないです。

 

「謙虚さ」「感謝の心」を持つことは、人間に産まれた以上、
当たり前のことですが、なぜか人はすぐ忘れてしまいます。
忘れる所か嫉妬、愚痴・・・

将来JUO KIDSには、「謙虚さ」「感謝の心」
を持ちつづけられる大人に育ってほしいなと思います。


給食

投稿日:2015年03月10日(火)

気づけば、今日が年長児にとって最後の給食でした。

これから年長児は小学校で給食を戴きますが、
小学校の給食の時間は幼稚園に比べて短いです。
学校によって多少時間は違ってきますが、約20分です。
ということは?

年長児の後半になって急に、

「小学校行ったら20分しかないから早く食べなさい!」

と子供に無理をさせないためにも、年長児に限らず、
年中・年少児も、小学校に標準を合わせ、
少しづつ短時間で食べられるようにしてあげるといいかと思います。

もちろんしっかり噛んで食べることは大切ですが、
小学校の給食の時間は決まっています。


青葉幼稚園

投稿日:2015年03月09日(月)

週末、発表会を見て衝撃を受けた青葉幼稚園さんに行ってきました。
今回は普段の保育を見学させて頂いたのですが、
保育の中にも、園長先生との会話の中にも、
子育て、職員育成のヒントがわんさか!!!

何より、園長先生の視点、人柄の良さ、センスが抜群!
見学して感じたこと、アドバイスを頂いたこと、
これからの保育に活かさせて頂きます。

青葉幼稚園の皆様、本当にありがとうございました。
そして城所園長先生、発表会後、私の急なお願いにも関わらず、
快く見学を受け入れてくれて、ありがとうございました。

感謝


誕生会・お別れ会

投稿日:2015年03月05日(木)

今日は誕生会とお別れ会を行いました。
誕生児へのインタビューが、「大きくなったら何になりたいですか?」
という内容だったのですが、ある子がこんなこんなことを。

「パパみたいになりたいです」

ヤフー知恵袋じゃなくてもベストアンサー!

 

その後はお別れ会。
みんなで歌を歌ったり、一年間をDVDを観て振り返ったり、
JUO KIDSが大好きな先生の出し物を見たりしました。

先生の出し物は、「アナと雪の女王」
忙しい中、合間を見つけて練習してたんだね!
演技も、「絶対子供達を楽しませる!」という「思い」が見え、
本当に良かった。素敵な劇をありがとう!

 

バス運転手の藤澤さんが、優良ドライバーということで、
県から表彰されました! GOOD JOB!!


お別れ遠足

投稿日:2015年03月04日(水)

今日は年長児が、幼稚園最後の遠足に行ってきました。
予報では午後に晴れるとのことでしたが、朝の天気を見ると、
雨は止んでも晴天にはならないかな?という天候でした。
それが陶芸所に着くと、

晴れ度MAX!!!もちろん、晴れの日の予定決行!

が、し・か・し、
晴れの予定で行く公園には何mあるんだ?というローラー滑り台が・・・
もちろん、朝の雨で濡れている・・・。
ということで、先周りしてローラー滑り台、全部拭きました!!!

その後、ご飯が食べ終わり、おやつタイムに入っていた子供達と合流し、
おにぎりを食べていると、

「直紀せんせーい、お菓子あげる!」

とお菓子をくれる子供達。
が、し・か・し、口の中はイクラおにぎり・・・
しかもまだおにぎりは残っている・・・
でも、お菓子を食べて感想を言ってあげたい。

えーい、チョコいきました!!!

その後も、イクラおにぎり→ラムネ、明太子おにぎり→ハイチュウ・・・
と続き、口の中はかなり破天荒になっていましたが、
最高に楽しかったです!!!

 

滑り台で滑った後は、なぜかおしりに敷いて使った板を頭に乗せ、
また出発地点へ帰るJUO KIDSであった!


3月3日

投稿日:2015年03月03日(火)

今日は3月3日、ひなまつりの日。
給食は、ちらし寿司が出て、ひなまつり仕様に!
年長児と一緒にお昼が食べられるのも、もう残りわずかかー。

午前中、年中・年長児は鮭の稚魚放流に十王川へ。
年少児は十王中学校にお散歩へ。

中学校から帰って来た年少児の感想は、
「サッカーで遊んできたんだけど、楽しかったー」
「直紀先生くらい大きい人がいっぱいいたー」
「鉄棒が大きかったー」
などなど。

 

十王中学校の皆様、子供達、すごく楽しかったようです。
貴重な時間をありがとうございました。


田無いづみ幼稚園

投稿日:2015年03月02日(月)

週末、 西東京市にある田無いづみ幼稚園さんの発表会に行ってきました。
田無いづみさんの発表会が、今年度最後の発表会見学だったのですが、
今年度は、本当に多くの発表会を見学させて頂きました。
見学させて頂いた幼稚園の園長先生(大先輩)に感謝です。

今年度は主に、ヨコミネ式導入園の発表会を見学したのですが、
園によって演技内容や表現方法は様々。
当たり前ですが、人(園長先生や先生)が違うからです。
これは発表会に限ってのことではなく、保育に関しても同じことです。
一口にヨコミネ式導入園と言いましても、人が違えば、
ヨコミネ式の取り入れ方、指導方法など本当に様々で、
同じ導入園でも、雰囲気なども含め全く違います。

十王幼稚園もヨコミネ式を導入して今年で3年目ですが、
毎日の保育の中で、「あーしたほうがいい、こうしたほうがいい」
と考え、試し、より良い方向へ進化していっています。

 

話はだいぶ 逸れてしまいましたが、
田無いづみ幼稚園の皆様、本当にありがとうございました。
正和園長先生、これからもご指導のほど宜しくお願い致します。