100年企業

投稿日:2019年05月31日(金)

「100年企業」

企業した会社が1年後残っている確率は約50%
10年後10%以下
20年後1%以下

ネット等で調べてみると、こういったことが出てきますが、
そう考えてみると、100年企業がどれだけ凄いかがわかる。

今日は、そんなある100年続く帽子屋の話。

 

先日、ある京都の帽子屋さんから、
1通の手紙と写真、そして100周年を記念した記念品が送られてきた。

なぜ送られてきたかって? 常連だから?

 

いや違う。
私は約10年位前に、1度だけ、それもHPからネットで帽子を購入しただけ。
にも関わらず、毎年ハガキを送って下さったり、
今回100周年ということで、手紙と写真と記念品まで送って下さった。

 

1度も会ったこともないけれど、
1度でも商品を購入して下さったお客様を、
ずっと大切にしようとする気持ちが伝わってきた今回の贈り物。

100年続く理由が少しだけわかったような気がする。
時代が変わっても、ずっと変わってはいけないことがる。
そう教えられたような気がします。


もいもい

投稿日:2018年05月29日(火)

林先生の初耳学で紹介されていた、
赤ちゃんが、この本を読むとスッと泣き止んでしまうくらい、
大好きになるという本、その名も「もいもい」。
早速取り寄せてみました。

赤ちゃんは、言葉の代わりに目でコンタクトを取る特徴があるため、
この目に見える謎の模様が、落ち着くみたいです。

 

そして謎の「もいもい」という言葉。
赤ちゃんは、ママとかパパとか連続した言葉が好きみたいで、
研究の結果、「もいもい」という言葉が、
赤ちゃんにとって最も落ち着く言葉?と判明したとのことです。

どんな研究だよ!笑

 

初日なので、0・1歳の反応はまだわかりませんが、
2歳児は、読み方のせい?もあって、かなり好評でした。