来年度の英語あそびについて

投稿日:2017年09月25日(月)

来年度、本園の英語あそびが大きく変わります。
現在の週1回の英語あそびから、
週5回、毎日行うカリキュラムに変更致します。
(夏休み等の長期休みも行います)

今日はその説明会。なぜ英語教育を行うのか?等、
園長とEAC 英語学院の柴山先生から説明がありましたが、
柴山先生がおっしゃっていた、ある言葉が全てです。

「子供にチャンス(可能性)を与えてあげたい」

毎日、JUO KIDSと触れ合う中で、
この子供達が、将来より楽しい人生が送れるようになるのに、
何かしてあげらることはないか?それを考えた時に、
語学力(英語力)をつけてあげたいなーという気持ちが、
もう数年前からありました。

私は、将来JUO KIDSが仕事で英語を使う使わないというよりも、
単純に、会話ができる人口を増やしてあげたい。
音楽をより楽しんで聞けるようにしてあげたい。と思っています。
人生で最も楽しい時間は、話をしているとき。
そう、私は思うんです。

しかし、英語あそびは、外国人講師に、
ただ英語を話してもらえばいいという簡単なことではなく、
カリキュラムのこと、 外国人講師を毎日雇うこと、
そして、外国人講師が子供達に指導できるよう育成すること等、
難問が色々とありました。

それで数年経ってしまったのですが・・・
今回やっとの思いで、柴山先生のご協力の元、
実現が可能となったのです。

 

ただし、インターナショナルスクールではありません。
幼児教育では語学も大事ですが、
それ以上に大切なことが沢山あります。

善悪の区別・躾・園で大切にしている10の約束、
園で掲げている「心の力」等、「心」を育てること、
理解力、思考力・・・、運動神経等、「脳」を育てること、
丈夫で健康な「体」を育てること。

今まで本園が大切にしてきたことです。
そしてこれからもずっと変わらず、大切にしていくことです。

昨日の初耳学で大好きな林先生が、
「幼児教育は英語より、思考力を伸ばすばすことが大事」
等と言ってましたが、考え方は同じです。

「思考力が培っていれば、英語はすぐにできるようになる」
というのは、ちょっと無理がありましたが・・・

 

過去一長いブログ?になりましたが、
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 


入園説明会2018

投稿日:2017年09月23日(土)

昨日は、入園説明会を行いました。
お越しいただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

説明会で、子供達に歌を発表してもらったのですが、
まあ子供達、楽しそうに歌っていました!

「発表する!」ということに、とても気合いが入るJUO KIDS!
おそらく、本園の子供の良い特徴だと思います。

やっぱり子供の歌声にはパワーがあります。
楽しい気分になるし、元気が湧いてくる。
そしてなぜか感動する曲でもないのに、グッとくる。

言葉要らずのJUO KIDSによる入園説明、素晴らしかったです。

 

入園案内、説明会等で園について説明はしますが、
本園は、JUO KIDSと先生達の姿が全てです。


夏期保育1日目

投稿日:2017年08月28日(月)

今日から、1号児も本格的にスタートです。

夏休みの間、園の改修工事でお手数をおかけしましたが、
おかげさまで園が蘇りました!

園舎は、年中舎も合わせて全塗装。
今回、噂を聞き、はじめての業者に塗装を依頼。
塗装だけでなく、細部に渡り見て下さり、仕事も丁寧で完璧でした。
ありがとう、はる新塗装 松本代表!

 

子供達にとって一番変わったところは、

おそらく玄関でしょう。
床も全て張り替えて、靴箱の配置も変えてみました。

床の色は、白ベース。
本園は、白を使うことが何かと多いのですが、
一番の理由は汚れを目立たせるためです。

普通は、汚れが目立たないような色を選ぶと思いますが、
それは逆を言えば、汚れていてもそのままということです。
子供が使う施設だからこそ、掃除は徹底したい。

恩師から学んだこと。

「悪い園があるとすれば、それは掃除が行き届いていない園だ」

 

常に頭に入れて、頑張ります。


園の広告

投稿日:2017年07月18日(火)

今日は「月刊 びばじょいふる」さんの担当者の方が、
8月号に掲載予定の原稿を引き取りに来て下さいました。

原稿を、担当者から受け取ったUSBにコピーをして、
渡しにいくと、

「挨拶から、気遣いまで、先生達が素晴らしいですね!」

と、対応した先生を褒めて頂きました。

大きなことを褒めて頂けることはもちろん嬉しいですが、
こういう日々のちょっとしたことを褒めて頂けることが、
正直すごく嬉しかったりします。

 

原稿の内容は、
入園説明会の日程、願書配布・受付日、一時預かり保育の時間、
教育内容、運動会の日程等 、園の案内。

ただ、文面で伝えることが難しいので、今回は園の案内にしましたが、
本当に伝えたいことは先生達のこと。
原稿を作っている最中、先生達に、

「園の広告で、何が知りたい?」

と質問したところ、

「教育内容ですかね。ヨコミネ式のこととか。
十王幼稚園・保育園の一番の強みってなんですかね?」

と、質問返しが。

その答えは間違いなく、「教育ではなく先生」

どんな良い教育メゾットが存在したとしても、
「人」が全て。

 

私も含めて、至らない所は沢山ありますが、
私は先生達が大好きなのだ。


保育参観

投稿日:2017年07月07日(金)

今日は、赤、青、緑、蕾、年少、年長児の保育参観を行いました。
お越しくださった保護者の皆様、ありがとうございました。

今日は、保育参観だけでなく、EAC英語学院の柴山先生に、
ご講演いただきました。
毎年柴山先生に講演をしていただけていること、
当たり前ではなく、十王幼稚園・保育園は特別中の特別なんですよ!

私が知る限り、英語の未来を予想ではなく、事実で見据えている方は、
柴山先生しかいません。本当に凄い方なのです。
講演を聞かれた方は、お子様の未来に(英語に関して)
少し危機感を持たれたと思いますが、
もう、英語に疎い・・・そんなこと言っていられないんです。

「2020年には、日本の英語教育が変わること」
「 大学受験の英語の試験方法が変わること」

等、決まっていることは多く、
小学6年生までの時間の使い方が、本当に重要になってきます。

確実に起こる未来がやってくるからこそ、
柴山先生は、未来のJUO KIDSのために本気で講演して下さるのです。
柴山先生、ありがとうございました。

保育参観に関して、全ての学年のことを書きたいのですが、
今日は年少児が行った絵画あそびについて書きます。
今年度、製作や絵画の指導方法を一から見直しているのですが、
今日の年少児の絵画あそびは、本園が理想とする理想形でした。

絵は、計算と違って答えがあるわけではないので、
私の中で、「絵を教える」ってどうなの?と疑問がありました。
ですが、逆に教えずに絵画をどう指導したらいいのか?
想像力を膨らませられるようにするには、どう指導したらいいのか?
自由すぎず、でも自由に描けるように、どう指導したらいいのか?

 

そのたどり着いた答え = 本園が目指す絵画、それはずばり、

「ART」

先日年長児は、糸引き絵+絵の具で、

「花火」を「ART」に描きましたが、
これもまた、今日の年少児のように全ての作品が素晴らしかったです。

 

私はJUO KIDSにこんな絵を描かせたかった!
作品は額に入れて飾ってあげて下さい。
それほどの価値があるものです。
間違いなく、固定概念の塊である大人には描けません。


SUMIRE

投稿日:2017年07月05日(水)

藤組の予定でしたが、年中・年長児がプールを行ったので、
今日はその様子を菫組に書いてもらいました。

今日は、今年度はじめてのプールあそびを行いました!
菫組の子供達は、プールをず〜と楽しみに待っていたので、
朝から、

「今日は雨降ってないからプール入れるよね!!」

と 、ワクワクドキドキ!

「今日は入れるよ!」と伝えると、みんな大喜び!

プールでは、流れるプールを作ったり、
うさぎやワニ、ラッコに変身をして泳いだり、
トンネルを作って遊びました〜。

気づいたら水が顔につけられるようになった!
となるように保育を進めていきますが、
ご家庭でも、お風呂場で親子で楽しみながら、
水に顔をつける遊びをしてみて下さい。ご協力お願い致します。

7月7日の七夕に向けて、
笹の葉に願い事を書いた短冊をつけました!

 

 

美咲先生は大事なことを書くのを忘れていた・・・
なので私が、

な・な・なんと今年から、
プ・プ・プールが、

「温水になりました!!!!!」

体を鍛えるためにも、暑い日は冷たい水で行いますが、
体を流すシャワーは、あったかいんだから〜。


イナダスタジオ

投稿日:2017年06月09日(金)

今年度の写真販売が昨日から始まりました!

昨年度は、学期毎に写真をアップしていましたが、
今年度は(6月分から)、稲田さんに無理を言って、
1ヶ月毎にアップしていただくことにしました。

今日は、専属カメラマンの稲田さんを少し紹介。

出会ったのは約1年半前。
出会って3分もかからない内に、

「この人にJUO KIDSの写真を撮ってもらいたい!」

と思いました。

それまで、何人かのカメラマンさんともお会いして、
撮った作品等を拝見させていただいたのですが、
稲田さんに関しては、作品を見ようとは思わなかった。

「とにかく、この人に撮ってもらいたい。」

即決。

 

「どんな写真を撮ってもらうか?」

よりも

「誰に撮ってもらうか?」

の方が重要。稲田さんに会う度に思います。
結果的には写真も大好き。
正直出会ったときに、

「この人なら必ず良い写真を撮るはずだ!」

と感覚的に確信もありましたが。

 

そして稲田さんを専属に決めた、もう一つの理由。

「先生達に、稲田さんと一緒に仕事をさせてあげたい」

と思ったからです。
稲田さん、なんといっても空気感、雰囲気・表情が最高!!
そんな最高な人を、先生達に紹介したかった。

 

いつも、稲田さんからは、人として大切なことを、
沢山学ばさせていただいてます。感謝。
イナダスタジオさんは、名前の通りスタジオもありますので、
多賀で少し距離はありますが、七五三の写真だったり、
稲田さんに撮ってもらいたい!という方は、
是非お店に行ってみて下さい!


野菜の種まき

投稿日:2017年05月18日(木)

今日は、年少・年中・年長児が野菜の種まきを行いました。
野菜の栽培を通して、野菜嫌いな子が少しでも、

「野菜食べてみようかな!」

と思えるようになってくれたらいいなーという願いを込めて、
今年度はどの学年も野菜を栽培することにしました。

それと、苗から野菜を育てることはあっても、
種から野菜を育てる機会ってないんじゃないかなー?
と思ったのも、野菜にした理由です。

種まきをしていて、一番素敵だなーと思った場面。
土をこぼしてしまった子がいたのですが、
周りの子が一緒に拾ってあげてました。

種をじっくり観察する年長児。

 

枝豆、オクラ、とうもろこし、
全て初挑戦なので、 どう育っていくのか楽しみです!


躾の三原則

投稿日:2017年05月16日(火)

教育者 森信三先生の教え

「躾の三原則」

1. 挨拶をする
2. 「ハイ」と元気に返事をする
3. 履物を揃え、立ったら椅子を入れる

 

この業界に入ったばかりの頃は、躾の三原則を聞いて、
他にも沢山やらなくちゃいけないことあるでしょ!
と思っていましたが、今は少し違います。

たしかにやらなくてはいけないことは他にもあるのですが、
気づいたことは、躾の基本となるこの3つが習慣になると、
他のこともできるようになる・気づけるようになる、
何事も基本が大事!ということです。

これは子供に限らず、教師も同じです。
この3つに意識を置いて保育をするかしないかで、
私はクラス経営に大きな差が生まれるなーと感じます。


こいのぼり

投稿日:2017年05月08日(月)

今日は最高の天気だったので、延期をしていたこいのぼりあげを行いました。

今年度は、よりJUO KIDSがワクワクして製作活動に取り組めるよう、
製作物を一から見直して進めているのですが、
同時に飾り方も変えてみました。

今までは、クラスの壁面に飾ることが多かったのですが、
果たして壁面に飾ることがベストなのか?
もっと子供がワクワクする飾り方はないのか?
を考え、今回のこいのぼりは園の随所に飾ってみました。

飾り方を変えてみて感じたことが、飾り方ひとつで、
子供のワクワク度がこうも違うのか!ということです。
そして、いつも通る場所に他学年の作品も飾ったことで、
自分のクラスの作品だけでなく、他学年の作品も見られるように!

作るときだけでなく、作った後もワクワクした、
こいのぼり製作・こいのぼりあげでした。

来園される機会がありましたら、どうぞご覧下さい。


食べる子は育つ

投稿日:2016年12月05日(月)

他園の幼稚園・保育園さんを見学に行くと感じることがある。

「JUO KIDSは食べ残しが非常に少ない。」

私がそう感じただけで、これが普通なのかな?と思い、
園の給食を作ってくださっている会社の担当者に聞いてみると、

「十王幼稚園・保育園さんのお子さんは、
他と比べて、本当によく食べます。
気持ちいいくらい残さず食べてくれます!」

との答えが。

 

やっぱり!!
そこで思ったことが、その理由として、
園では体を沢山動かすのでお腹がすく!
給食が美味しい!

ということも理由の一つではあるとは思いますが、
一番は、保護者の皆様の食育が素晴らしい!
これにつきると思います。

 

「食べる子は育つ」

これは本当に間違いありません!
今後とも、宜しくお願い致します。


HAPPY HALLOWEEN

投稿日:2016年10月31日(月)

今日はJUO KIDSも先生達も仮装をして、
ハロウィン誕生会を楽しみましたー。

スパイダーマン、ポーズもバッチリや!

!!!!!!!!!!

いかすねー!

あら、かわいい!

年少・年中児は年長児に、年長児は先生に、
今日だけお菓子が貰える魔法の呪文、

「Treck or Treat」と言って、お菓子を貰って食べましたー。

今年、初めて行事として取り入れたのですが、
子供達、本当に楽しそうでした。
保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

「十王幼稚園・保育園は行事が多くて良いですね!」
と、お客様だったりカメラマンさんから言われるのですが、
Halloweenは、恒例行事として追加決定です!


甘やかさない②

投稿日:2016年09月30日(金)

今日は、「甘やかさない」ことにも繋がる、
子供が泣いたときの対応についてです。

横峯先生が、講演会やメディア等でおっしゃっていることですが、

わがまま等で泣いたときは、放っておくこと!(見守る)
子供は、わがまま(甘え)を通そうと泣きますので、
泣き止むまで、そっと見守ることが一番だそうです。

因みに、「泣く」というのは、運動で言うと良い運動なんだよ!
だって大泣きすると、子供はすごく疲れてるでしょ?
ともおっしゃっていました。横峯先生らしい意見ですね!笑

私は、本当に子供の成長のことを考えている横峯先生の考え方と、
良い事は良い、良くないことは良くないとはっきりと言う
横峯先生が大好きです。

園とご家庭とで、よりJUO KIDSが成長できるよう、
甘やかさず、たくましく育てていきましょう!

※「泣く」には色々種類がありますので、わがままで泣いたときの話です。


甘やかさない①

投稿日:2016年09月29日(木)

運動会という、子供にとっても分かりやすい目標もあって、
これからJUO KIDSは大きく成長していくと思われます。
よりJUO KIDSが成長するために、本園の教育方針でもある
「甘やかさない」ことについて2日に渡って書きたいと思います。

先日、横峯先生にお会いしてきたのですが、
その時も、口すっぱくおっしゃっていました。
では甘やかさないとはどういうことか?

 

「自分でできることは自分でさせる」

・年少児も自分の足で歩けます。もう抱っこは卒業です。
・自分のものは、自分で持つ。
・着替え、靴の脱ぎ履ぎも自分でする。
・自分でご飯を食べる。
・使った物は、自分で片付ける。
・等、ごくごく当たり前のことです。

 

逆に甘やかし続けるとどうなるのか?

・やってもらえると思ってしまう。やってもらうことが当たり前。
・自分でやろうとしない
・やってもらわないと泣いてわがままを通そうとする。
・結果、親が大変になってしまう。

 

昨日、私が尊敬するある園長先生のブログにこんなことが書いてありました。
親の送迎は「当たり前じゃない」
小学生(高学年)・中学生が自分で決めた習い事、部活動、遊びは、
自分で行って帰ってくることが当たり前。
距離、時間帯(夜)等で、送迎が必要になることはあると思いますが、

「親の送迎があたり前と思っちゃいかん」

便利で簡単に欲しいものが手に入り、いつでも連絡をつけられる。
そんな恵まれた時代だからこそ、「困った!」という経験をさせなければいけない。

私はこのブログを見て、子供にできること、させなくてはいけないことを、
改めて考える必要があるなーと感じました。


入園説明会②

投稿日:2016年09月23日(金)

説明会で、いくつか質問があったのでQ&Aを書いておきます。

Q. 優先枠はありますか?

A. コスモスクラス在籍児、在園児弟妹、卒園児弟妹が優先枠です。
詳細は募集要項をご覧下さい。

 

Q. 一般願書受付は11月1日の7:30からですが、
7:30に来れば入れますか?

A. 毎年、なんとか来てくださった方は受け入れることができているので、
お待ちしております。

 

Q. 体操等、ヨコミネ式って厳しいイメージがあるのですが・・・

A. 厳しいという表現ではなく、「集中・全力・本気」になると思います。
子供が本気になった時、笑っている子は一人もいません。
みんな真剣な顔をしています。
本気になった時、初めて、
「楽しい!」と感じれるんじゃないかなーと思います。

 

Q. ヨコミネ式学習帳が終わらないこともありますか?

A. 子供達の「やる気」や「気持ち」を大事にしていますので、
無理にやらせるということはしません。
その子のペースで進めていきますので、全て終わらないこともあります。
教材は卒園後も是非活用して下さい。

 

Q. 仕事をしているのですが、
入園後すぐに預かり保育は利用できますか?(1号)

A. お子様の様子が落ち着いていればお預かり致します。

 

Q. バスはどこまで走っていますか?

A. 現在は南は滑川町(県営AP)、北は高萩市秋山まで走行していますが、
詳細はお問い合わせ下さい。