積木あそび

投稿日:2020年04月02日(木)

今年度から始まる積木あそび。
写真でお伝えするのは、これが初めてですね!

研修の中で、2号児が一足先に積木であそびました。

びっくりしたことが、
何も知らされず、ホールに連れてこられた子供達。
そこには、初めて見る積木講師の先生と多くの先生達。
いつもと全く違う環境。
そんな環境にも関わらず、
子供達は積木あそびに没頭していたのです!
なんと、2歳の緑組だった子もですよ!!!

初めて見る・触れるものなのですが、
直感的に面白いもの!と感じるのかもしれませんね。
おそるべし、にっしんの積木!!!

思考力、集中力、持続力、非認知能力等、
今後、JUO KIDSは、積木あそびを通して、
物凄い力を身に付けることとなるでしょう。

こりゃ凄いわ。

 

驚くことに、積木の種類はまだまだまだあります!!!


GrapeSEED 課外募集

投稿日:2020年03月07日(土)

小学1・2年生を対象に、英語の課外生徒を募集致します。
(卒園児以外の小学生も対象です)

英語教育の名前は、「GrapeSEED」

詳しくはGrapeSEEDのホームページをご覧ください。
本当に素晴らしい英語教育です。

 

広告の、“小学生の募集は今年度のみ” とはどういうこと?
と疑問に持たれた方がいらっしゃると思いますので、
説明させて頂きます。

GrapeSEEDは、園児であっても、小学生であっても、
全く同じスタートラインから始まる教育になります。
そのスタートラインが、GrapeSEED Unit1となり、
年間(120コマ)でUnit1〜4と、4Unit行います。

つまり、令和2年度からGrapeSEEDを始める本園は、
年中も、年長も、小学生も、Unit1からはじまるということです。
そして、令和3年度になると、
年中だった子はUnit4を終え、年長からUnit5がスタート
年長だった子はUnit4を終え、小学生からUnit5がスタート
小学1・2年生だった子は、同じくUnit5がスタートします

という流れで、令和3年度は、
小学1年生のクラスが、Unit1からではなく、
Unit5からのスタートとなるため、
年長でUnit4を終えた卒園児しか入会ができず、
広告の、”小学生の募集は今年度のみ” “途中入会が不可”
となるのです。

今の年長児、小学1年生が、(卒園児以外も対象)
本園でGrapeSEEDの教育を受けることができるのは、
今回の募集のみとなってしまうので、
本気でお子様の英語教育をお考えの方は、
是非、ご検討下さい。

 

この文章を書きながら思ったことが一つある・・・
他の園さんの今の年少・年中さんは、
GrapeSEEDの教育を受けたくても受けられないのか・・・
そこまで、考えてあげられていなかった・・・
どれほど需要があるか分かりませんが、
もし、このブログを見て、
GrapeSEEDを我が子にも受けさせたい!
と思った方がいらっしゃいましたら、園までご連絡下さい。

※クラスを作れるかは、小学生の人数によって決まってくるので、
今の時点ではなんとも言えません。
※十王幼稚園・保育園の子供達は、
正課でGrapeSEEDの教育を受けることができるので、
課外はGrapeSEED REPと言って、また別のカリキュラムになります。


教育の柱

投稿日:2020年02月28日(金)

3日連続で、今後の教育内容について説明させて頂きましたが、

ヨコミネ式教育で培った十王幼稚園・保育園の体操、
英語教育GrpaeSEED、
にっしん積木教育、
自由あそび

この4つの教育が、
これからの十王幼稚園・保育園の柱になっていきます。
現在どの教育も茨城県では十王幼稚園・保育園でしか
受けることのできない教育で、
この4つの教育全てを受けられるのは、本園のみとなります。

ご期待下さい!


積木教育について

投稿日:2020年02月27日(木)

今日は、新年度導入する積木教育について。

ヨコミネ式教育の「計算」に取り組む子供達を見ていて思ったこと。
それは、子供は計算が好き!ということ。
わかるようになると、自らどんどん進めていく子供達。
ただ、こうも思いました。
ペーパーワークではなく、もっと遊び感覚でできれば、
もっともっと好きになるんじゃないかと。

そこで出会ったのが、「にっしんの積木教育」
以前から、積木には興味があり、
色々と調べたり、話を聞いたりはしていたのですが、
にっしんの積木教育は、それまで私の頭にあった積木教育とは、
全くの別物で、初めてみたときから、
JUO KIDSにもやらせてあげたいなーと、
ワクワクが止まりませんでした。

 

正直、積木教育を言葉で説明するのはとても難しいので、
後日、保育参観等で見て頂きたいと思いますが、
少し紹介致します。

 

まず、にっしんの積木教育で驚いたことのひとつに、
子供が扱う積木の量と種類の多さがあります。
インターネットで検索するとイメージできると思いますが、
これでもか!というくらい、
思う存分積木を使ってあそぶことができます。

そして積木教育は、積木という具体物を使って行うので、
数と数字の理解が、子供にとって、よりわかりやすく、
より遊び感覚で、より楽しんで取り組めるようになっています。

 

にっしん積木教育の凄いところ2つ目。
「諦めない心の育成」、つまり「非認知能力」の育成
に直結している教育であるということ。

例えば、四角の箱に、積み木を入れていって、
箱が全て埋まるようにするというあそび。
すると、最後のピースがはまらない・・・。
その場合、その周りの積木も変えて、
最後のピースをはめられるように、
何度も試行錯誤しながら最後のピースをはめていく。

「上手くいかないことを、諦めずに試行錯誤しながら最後まで頑張る」

この経験が、積木では沢山経験できるのです。
「非認知能力」を高めることが重要と言われている現在、
積木でのこの経験は、とてつもなく重要なことなのです。

 

3つ目は、集中力を高められる教育であるということ。

大人になってからも、とても重要な集中力。
にっしんの積木教育では、諦めない心の育成に加え、
ものすっごい集中力が付きます。そして集中の持続も凄いです。
言葉の説明だけでの理解は難しいと思いますが、
保護者の皆様にも、実際に見ていただき、
実際に積木あそびを体験していただければ、
積木の必要性をご理解していただけると思っております。
1学期の参観日まではまだ少し時間がありますが、
楽しみにしていて下さい。
間違いなく、日本一の積木教育です。

 

にっしん積木教育もGrape SEED同様、
茨城県で初導入園になります。


Grape SEEDについて

投稿日:2020年02月26日(水)

 

今日は、新年度から導入する英語教育のGrapeSEEDについて。

GrapeSEEDとの出会いは、私がこの業界に入った初年度。
十王幼稚園・保育園はそれ以前より英語教育を行なっていましたが、
更に、より良い、日本一の英語教育は何なのかを園長と調べて、
たどり着いたのが、GrapeSEEDでした。

もちろん、今行っているEAC英語学院さんの英語教育も、
とても素晴らしい教育で、
本園の英語教育の基盤を作って下さったのは間違いなく、
EAC英語学院の柴山先生です。
そして、柴山先生との出会いがなければ、
GrapeSEEDの導入は難しかったと思います。

 

もう少し早く導入はできなかったの?
と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
そこには色々な問題があり、
そう簡単なことではなかったのです。

外国人講師を雇う、
外国人講師にGrapeSEEDを指導する、
積木教育もそうですが、良い教育には費用がかかる、
等々、導入までには問題が山積みでした。

そこから、色々と経験を重ね、少しづつ問題をクリアし、
GrapeSEEDサイドでも、外国人講師の研修体制が整い、
この度、やっと導入が可能となったのです。

 

ただ、保護者の皆様に、
費用の面でご負担をおかけすることになり、
大変申し訳なく思いますが、
どーーーしても、JUO KIDSにGrapeSEEDの教育を
受けさせてあげたいのです。

この一地方の県北地域の子供達に、日本一の英語教育である、
GrapeSEEDを受けられる場を提供してあげたいのです。
なかなかご理解を頂くのも難しいと思いますが、
1年後、2年後の子供達の姿に期待して下さい。

 

茨城県では、本園が初のGrapeSEED導入園となります。
園児は正課、課外共に実施し、
小学生(卒園児以外の子も対象)を対象とした課外も行います。

 

今後の、十王幼稚園・保育園の英語教育に、ご期待下さい。
積木教育へとつづく・・・


令和2年度の教育内容について

投稿日:2020年02月25日(火)

先日の説明会でお伝えさせて頂いた、
令和2年度の教育内容について、
今日から、もう少し詳しく説明させていただこうと思います。
新入園の方は、3月7日の説明会でもお話しさせて頂きます。

 

今年度と令和2年度との変更点は大きく分けて3点です。

1点目は、ヨコミネ式教育(YY教育)の終了
2点目は、英語教育Grape SEEDの導入
3点目は、積木教育の導入

 

今日は、1点目のヨコミネ式教育の終了について説明致します。

終了と聞くと、えっ!全部辞めちゃうの?
と思うかもしれませんが、そうではありません。

ヨコミネ式教育との出会いによって、
指導方法や考え方等、多くの学びや、
全国のヨコミネ式教育導入園さんとの出会い、
そして沢山の情報交換等、これまでヨコミネ式教育は、
お金では買うことのできない財産を、
本園に築き上げてくれました。

この素晴らしい財産は、今後ももちろん活かしていきます。
教材を変更するにあたって、ヨコミネ式教育は終了しますが、
私は、横峯先生の教育に対する考え方や、
ヨコミネ式教育が大好きです。感謝しかありません。

ヨコミネ式教育と出会っていなければ、
本園のレベルは、間違いなく、教師の指導力等を含め、
数段下だったでしょう。
ですので、今後も、ヨコミネ式教育で学んだ考え方等は、
継続していきます。

 

では、ヨコミネ式教育で行なっていた、
「読み、書き、計算、体操、音楽」はどう変わるのか?

一番変わる点は計算です。
これまでは、ヨコミネ式の教材を使って行なっていましたが、
令和2年度からは、積木を使った積木教育を導入します。
積木教育については、また後日詳しく説明致しますが、
積木と聞くと、1人1セット購入して、
ペーパーワークに合わせて行なっていく・・・
という積木を想像される方が多いかもしれませんが、
今回導入する積木教育は、想像を遥かに超える教育です。

 

書き・・・新入園児から教材を変更します。
令和2年度から、ペーパーワークは必要最小限にする予定です。
これは、ヨコミネ式教育との違いでもありますね。

 

その他の読み、体操、音楽は、これまで通り行いますが、
やり方等は、園独自のやり方で進めて行きます。

 

Grape SEEDへとつづく・・・


第7回 十王幼稚園・保育園発表会

投稿日:2020年02月22日(土)

年少ダンス、年中ミュージカル、年長体操
のように、012歳児で、これだ!
という大作はできないものか?
と頭を振り絞った今年度。

年齢によっては、歩くことも難しい。
年齢によっては、言葉を発することも難しい。
そもそも、泣かないで舞台に立つことも難しい。
全国、おそらくどこの園も、頭を悩ませる年齢の演目。
そんな中、大作を作る・・・。普通じゃないですねー。

まず、これを先生達に提案した所、・・・でした。笑
でも、出来ちゃいましたね!
ほんと、十王幼稚園・保育園の先生は凄いわ。

子供達と一緒に踊りたい!
と先生達にお願いをして出さしていただきました。
すると、りほ先生が、

「私も子供達と一緒に踊りたいんですけど・・・」と。

そして今日の流れに。

感想カードで、、ちょっとしたトラブルも面白かったです!
と書いていただいたのですが、
本番、ミュージカルで一番難しいのが、
お休みの子のカバーなのです。
でも、なんとか子供達、カバーしてました!
それも、ただセリフを言うだけでなく、
休みの子の立ち位置に移動してのカバー!

体操発表で、表現、挑戦、跳び箱、
普段通り上手くいった子、
普段はできていたけど、今日失敗してしまった子、
1回目は失敗したけど、最後はできた子等、
個々でドラマがあったと思います。
でもそれも全て経験。

去年は、跳び箱を本番で1発で飛べなかった子が、
悔しいから、1発で飛べるように園で挑戦させて!
と言ってきた子がいました。
こういう気持ちが大事だと思います。
人生、失敗することなんていくらでもある。
そこからどうするかが大事です。

いつでも待ってるよ。


鳥肌が立った

投稿日:2019年12月12日(木)

年長児の体操で、鳥肌が立った。

逆立ち歩きが、なかなか上手くできず、
それでも諦めずに頑張っているある子が、

「10歩あるけるようになったので見て下さい!」

と伝えにきてくれたので、
クラス全員で見守ることに。

 

チャンスは3回と伝え、いざ本番。

結果は、惜しくも9歩。
本人は、とっても悔しそうな表情。
それを見て、5分後にもう一回見てあげるね!
と伝えると、本番に向けもくもくと練習。

 

そして5分後。
クラスみんなで見守る中、いざ本番

すると、見事10歩以上達成!

すると、すると、

「イェーーーーーーイ。〇〇君やったなーーーー!!!!」と、

 

“本人以上にクラスの子達が声を上げて大喜びするのです”

 

その姿をみて、人のことでこんなに喜べるなんて、
すげーなーと鳥肌が立ちました。

 

体操を行う目的は、こういうこと!
と子供達に教えられたような気がします。


目的とねらい

投稿日:2019年12月04日(水)

保育をする上で、私達教師が、
必ず頭に入れておかなければならないことがある。
それは、

「目的とねらい」

何のためにやるのか?
どういったねらいでやるのか?
保育で一番大切なこと。

これを忘れてしまうと、
できるようにすることが先行してしまったりして、
目的やねらいがずれてしまう。

今日もそうですが、最近の幼稚園・保育園業界の
ネガティブなニュースを見るたびに、原因はこれなのかな?
と思います。

 

JUO KIDSがより「楽しい!」と思えるように、
そして2月の発表会が、子供達にとっても、
保護者の皆様やお客様にとっても最高のものとなるように、
しっかりと目的とねらいを持って、
普段の保育を進めていきます。

昨日は午後から出張でブログが書けませんでしたが、
餅つきを行いましたー。


教育方針②

投稿日:2019年11月14日(木)

今日で新入園児の面接が終了しました。
保護者の皆様、大変お忙しい中お越しいただき、
ありがとうございました。

今日は、子供の成長に関する、
園の教育方針・考え方PART 2です。

 

最近、こう言った声をたまに耳にします。

「園で頑張っているから家ではいいんです・甘やかしちゃってます」
「園で栄養のある食事を取っているから、家ではなんでも良いんです」
「園で食育をやってくれてるから、家では残してもいいんです」

もちろん、親も人間です。
いつも100%じゃなきゃダーメ!なんてことは勿論ありません。
日々、どれだけ子育てを頑張ってると思ってるの!
と誰かに言いたいけど言えない!
仕事もしてるのよ!
たまには、だらーっとしたい!休みたい!
そんなことも、とーぜんあると思います。

たーだ、

「園でやってるから家ではやらなくていい」

という考え方は、園の教育方針とは真逆の考え方になります。

私達は、勿論全力でサポートさせていただきます。
しかし、本来親がやるべきことを先生がやってしまい、
本来親がやるべきことを親がやらなくなってしまっては、
子供にとって、私達教師の存在はマイナスでしかありません。

親が作ってくれるご飯、親が読んでくれる絵本、
親と沢山話す時間、親とあそぶ時間・・・
子供にとって、当たり前ですが親が1番です。
どれだけ良い先生がいたとしても、
親の変わりを務めることはできません。
だからこそ、家庭保育が重要なんです。

「園でやってることを家でもやろう!」

と変えるだけで、間違いなく、
お子様は成長して、より園生活が楽しくなり、
親は、より子育てが楽しくなると思います。

 

子供の未来のために、
園とご家庭とで、共に子育てを楽しんでいきましょう!
どうぞよろしくお願い致します。


教育方針①

投稿日:2019年11月12日(火)

今日から2回に分けて、
園の教育方針や考え方を書いていきます。
十王幼稚園・保育園に入園する・した保護者は、
是非、最後まで読んで下さい。

①「自分のことは自分でさせてあげる(甘やかさない)」

説明会や入園案内、ブログ等で、
いつも伝えていることですね!

・自分で歩く
抱っこ離れができないのは意外と親かもしれません。
可愛くて、つい抱っこをしてしまう!
という気持ちは凄くわかりますが、
「自分で歩くことが当たり前」となるように!

・自分の荷物は自分で持つ
バスを運転していると、子供がバスから降りた瞬間、
当たり前のように親が荷物を受け取る場面をよく見ます。
「自分の荷物は自分で持つことが当たり前」となるように!

・自分のことは自分でできるように教えてあげる
靴の脱ぎ履き、着替え、片付け・・・等、
自分でやらせようとすると最初はなんでも時間がかかります。
でも、その経験が子供を成長させますので、
親がやってあげるのではく、やり方を教えてあげ、
自分でできることを沢山増やしてあげてください!

 

②「園任せにしない」

食育やトイレトレーニング等、

「園にお任せしてますので」

と言う保護者の声をたまに耳にしますが、
子育ての役目は「親」ですので、園任せではいけません。
2回目で詳しく書きますが、
園とご家庭とで、協力をしながら子育てをしていきましょう。


心の育ち

投稿日:2019年10月01日(火)

十王幼稚園・保育園が、運動会、運動会の練習、
そして日頃の保育を行う一番の目的は?

「心」

を育むため。
これを踏まえて、あることを紹介します。

 

ある年長の男の子が、今日の朝、リハの緊張からか、
少しお腹がいたかったらしく、
お母さんが、休む?どうする?と聞くと、
その子は、こうお母さんに伝えたらしいです。

「僕はリレーのアンカーだから行かないと!」

 

心は目には見えません。
ただ、心の育ちを感じたのは私だけでしょうか?
私は間違いなく育っていると思います。

その子にとって、運動会当日の結果はまだわかりませんが、
運動会までのプロセスは成功ですね!


夏期保育1日目

投稿日:2019年08月28日(水)

今日から夏期保育がスタート!

年長児に、夏休みの宿題を毎日続けたかを聞いてみると、
毎日〇〇やった!〇〇ができるようになったよ!
等の、声が多く聞こえてきました。
「継続は力なり」ならぬ、「力なくして継続できず」
なんてことをある人が言っていましたが、
1日に手ぶみ50回だけでも、
毎日継続できた子はすごいと思います。

英語もそうですね。
毎日英語に通い続けることは、
支度もあると思いますので、誰にでもできそうでできない。

私が親だったら、子供のことですが、
子供が毎日続けられたら、
続けられるフォローをしてあげられたら 、
自分と子供を褒めて、ご褒美?として、
子供と一緒に美味しいご飯を食べに行くかな?

子供は親と共に成長する。
夏休みに、共に頑張ったことは、
必ず成長という形で表れます。今後が楽しみですね!

夏休みは終わりましたが、
今後も、園と力を合わせながら、
JUO KIDSを成長させていきましょう。

 

今日は、年長児がボディペイント、
年中児がスライム遊びと泡あそび、
緑・年少児がシャボン玉遊びを行いました。

「直紀先生」今年は何に変身するのー?
と楽しみにしていてくれた子が多かった今年のキャラ、
正解は、今年と言えば、

「アラジンのジーニー」

ウィルスミスを超える予定だったんだけどな・・・笑

 


卒園記念制作品

投稿日:2019年03月22日(金)

平成30年度の卒園記念制作品。
子供達と保護者と先生達による合作。

子供だけでも描けない絵。
大人だけでも描けない絵。
子供と大人の合作だからこそ生まれた絵。

子供の色使い、タッチが素晴らしいすぎる。

 

そこでふと思った。
年間を通して、各学年毎に描いて、
個展?個人じゃないから合同展?
をどこかの画廊で開けたりしたら面白そう。

子供と大人の合作の個展なんてあるのかな?
そういえば、絵を教えていただいた池平さんの作品の作り方と似てるような?

 

またひとつ夢ができました!


表彰

投稿日:2019年03月06日(水)

盾が届きました!
今年度の卒園アルバムも、気合い入れて制作します。

先日、ある新聞記事にこんな記事が。
ある園で、卒園アルバムならぬ、卒園VR作品を制作したとのこと。
VRで、いつでも園児に戻れる!という作品。

VR卒園アルバムと言うのかな?

 

映像は映像の良さ、写真は写真の良さがあるので、
一概にどちらが良いとは言えませんが、
紙媒体のアルバムは、絶対的に付加価値が必要です。

写真だから引き出せるもの、
写真じゃなきゃダメなもの、
写真ならではの表現等。

 

私は、好きなカメラマンの写真や、
写真集を見るのが大好きなので、
その感覚で保護者の皆様にアルバムを見てもらえるように、
今年度も、 イナダスタジオさんの力をお借りして、
楽しみながら制作します!