やる氣

投稿日:2017年09月21日(木)

運動会まで、ちょうどあと一ヶ月となりました。

先生達は、どうしたらより子供達のやる氣を引き出せるのか?
どういう言葉をかけたらいいのか?等、
日々、試行錯誤をしながら子供達と向き合ってくれている。

 

同じように私も日々、試行錯誤。

 

子供達のやる気を引き出すことが先生達の役目なら、
先生達のやる気を引き出すことが私の役目。

子供もそうだが、大人も全力を出せるか、
環境が大きく影響する。

先生が全力なら、子供も全力。
しかし、先生がのらないと、子供ものらない。

 

言葉ひとつで、良くも悪くも傾く。
言葉は大事だなーと、つくづく思う。

 

そんな私の思いを知ってか知らずか、
先生達は日々動きが良くなっている。
指示をされるだけでなく、自分達で話し合い、
行動に移している。

アドバイスはもちろんする。
でも一番大事なのは、自分で考えて行動すること!

 

「共に」頑張ろう!

 

ブログというより、先生達へのメッセージかな?


園外保育年長児

投稿日:2017年09月20日(水)

今日は、年長児がレジャーランドとかみね動園にて、
園外保育を行いました。
先週の年中児の園外保育は、天気が良すぎて、
かなり暑かったみたいですが、
今日はちょうど良い天気でした。

動物の中で最強説が流れるカバの前でカバポーズ。

「直紀先生あげるー」

とサッポロポテトを掃除機のように食べると、
子供達には面白かったらしく、
そこから子供達のサッポロポテト攻撃が・・・

よっしゃー、明日からまた運動会に向けて頑張ろう!

かみね動物園さん、ありがとうございました。


フィリピン出張

投稿日:2017年09月19日(火)

先週、出張でフィリピンに行ってきました。

フィリピンは、シンガポールで行っている、
バイリンガル教育(母国語+英語)と、
K -12(幼稚園から高校まで義務教育)を、
2013年に国の政策として打ち出し、教育を行っているとのことで、
今回はその教育の視察。

今回、数園見学させて頂いたのですが、
まず驚いたのが、どの園の子供も、
プレスクールで英語に触れているということもあり、
K1(年中児)で英語を普通に理解していたこと!

子供達にとっては、英語を学ぶというより、
英語で話すことが当たり前。そんな感じでした。
やはり、学校の授業(勉強)で英語を覚えるのではなく、
幼児期から生活の中で英語に触れられる環境が理想的です。

日本は小学5年生から短時間英語に触れるだけだというのに・・・。
3年後、小学3年生から英語の授業が始まりますが、遅い。

ただ、今回の視察で英語に関しては完敗でしたが、
日本の良いところを沢山見つけることができました。
一番は、日本が子育てで最も大事にしている「躾」。

海外は、ここが抜けがち!?かな?

語学も大事。でも「心」を育てることが一番大事。
絶対に日本の園がぶれちゃいけない所だと思います。

東日本大震災のときに、世界から賞賛された日本人。
その日本人らしさは、間違いなく幼児期の「躾」にあるなーと、
今回の視察を通して感じました。

 

 

来年度の英語教育については、22日と25日に、
詳しく説明させて頂きます。


ごめん、愛してる

投稿日:2017年09月11日(月)

日曜劇場のワンシーン。

 

余命数ヶ月と宣告された主人公(長瀬)が、
復習のために生きる記者(六角)に対してこう言った。

「俺はもうすぐ死ぬ。でもあんたは違う。

あんたはなんのために生きてんだ?

恨みを晴らすためか?

そんなことのために生きてんのか?

せっかく生きていられんのに・・・

 

もったいねーよ・・・」

 

色々考えさせられたワンシーンでした。

 

明日から、今週いっぱい出張なため、
ブログをお休みします。沢山学んできます。


緑・蕾・年少 園外保育

投稿日:2017年09月07日(木)

今日は、緑・蕾・年少が鵜の岬で園外保育を行いました〜。

イエーイ!!やっと遠足に行ける〜と子供達は大喜び!

アスレチックであそびーの、

お散歩をしながら、木の実拾いを楽しみーの、

半分残しておいたおやつを、みんなで食べーの、
園外保育を楽しんできましたー。

 

来週は年中組の園外保育。
お天気になりますように。


GREEN CLASS

投稿日:2017年09月06日(水)

今日は雨が降ってしまい、遠足が延期に・・・(泣)
延期にはなってしまいましたが、
お昼をいつも違う環境で蕾組と一緒に食べました〜。

よほど美味しかったのか、食べるスピードがはやい、はやい!
おにぎりを食べた後は、楽しみにしていたお・や・つ♪

明日はきっと行けるはず!

 

ここで最近の緑組の報告を!
最近の緑組の子供達、
先生の話をしっかりと聞けるようになってきました〜。

体を向けて、目を見て話を聞けるように
意識をして保育を行ってきたので、先生は嬉しいです。
今後も、先生、さらにはお友達が話をしたときも、
しっかりと聞けるよう保育を進めていきます。

トンボの製作中。

(鈴木)


RED CLASS

投稿日:2017年09月05日(火)

29年度が始まって5ヶ月が過ぎ、
赤組の子供達も、靴を履いて散歩ができるようになりました。
少し前までは、数歩しか歩くことができなかったのに・・・
子供達の成長のはやさには驚かされます!

遊具の階段も手と足を上手に使って、どんどん登って行きます!
赤組の子供達のお気に入りNo1の遊具はローラーすべり台。

スピード感がたまらないようで、何回も滑って遊んでいます。

遊んだ後は、沐浴をして体も気持ちもサッパリしました。
友達との関わりが少しづつ芽生えてきた子供達。
明日はどんな遊びをしようかなー?

(根本)

 


2学期スタート

投稿日:2017年09月01日(金)

今日から、2学期がスタート。

2学期といえば、ビックイベントの運動会。
運動会に限らず、結果は計画・準備で8割決まる。
だからこそ徹底して準備をしよう!
そういう共通認識で普段から仕事をしているのですが、
運動会の準備も着々と進んでおります。

 

結果も大事。でも、それまでのプロセスがもっと大事。
JUO KIDSに最高の形で成功体験を経験させてあげられるよう、
プロセスを大事にしながら頑張ります。


夏期保育4日目

投稿日:2017年08月31日(木)

夏期保育の最終日は、8月生まれの誕生会と、
スイカ割りを行いました。

誕生会は、休み開けだったのでどうなるかなー?
と思っていたのですが、
みんなしっかりと発表ができていました!

年中児のある男の子が、

「志村けん」と言いながら、

スイカを食べていたのですが、
今の子も知ってるんですね!

 

明日からは、いよいよ2学期!


夏期保育3日目

投稿日:2017年08月30日(水)

今日はカレー会食会を行いました。

子供達が洗ったり、皮を剥いたり、切ったりした野菜を、

炒めて〜

煮込んで〜

ルーを入れて〜完成。

「美味しくなーれ、美味しくなーれ」

と言って、煮込んでました。笑

自分達で作ったカレーは、いつも以上に美味しかったらしく、
みんな、ペロリ!

 

明日は8月生まれの誕生会。
楽しみにお待ちしております。


夏期保育2日目

投稿日:2017年08月29日(火)

今日は、ボディペインティングを行いました。
昨日から子供達に、

「直紀先生、明日は何に変身するの?」

と聞かれていたのですが、
今年は、ずっと私がやりたかった、
いや、男であれば一度はやってみたいと思う、

こちら

「ベジータ」にしてみました。

ベジータのクオリティが少し低めな所も含めて、
みんな良い感じ!

描きたい写真を選んで、自分で描いたり、
先生に描いてもらったり。

どうなっているのか、鏡でチェック!

 

子供には、汚れなんて気にせず、
こういうはっちゃけて遊ぶ時には、
いつまでもはっちゃけて遊べる子であって欲しいなーと思います。


8月の予定

投稿日:2017年08月02日(水)


出会いに感謝

投稿日:2017年07月28日(金)

人生でお会いしてみたい!と思っていた、
日本フランス料理界の重鎮、小西忠禮氏にお会いしてきました。

 

60年代、何のツテやコネもないまま、帰りの切符も持たず、

「フランスのホテルリッツで働く!」

その強い志だけでフランスに行った小西さん。
当然、リッツを訪れても門前払い。
他のレストランで働きながら、約1年半通い続けたそうです。
その後、奇跡的にリッツで働けることになり、
初の日本人シェフとして勤務。

これだけでも凄いことなのですが、私がお会いしてみたい!
と思った理由はここから。

リッツで働くという夢を叶えた小西さんは、
ヨーロッパの名だたるレストランで武者修行をするという夢も叶えるべく、
リッツを去る決断をします。
その去るときの一言に、私は感銘を受けた。

 

「退職金もなにもいりません。

ただ、ひとつお願いがあります。

ここで働きたいという日本人のために、

日本人が働ける枠を設けていただけませんか?」

 

それを聞いた総料理長は、笑顔で「ウィ」と答えたそうです。
現在、リッツは、若い日本人の料理人や、
有名ホテルの研修を受け入れているそうですが、
まぎれもなく小西さんが切り拓いた道なのです。

小西さんに実際にお会いして、
お話をさせていただいたのですが、
思っていた通り、本当に素晴らしい方だった。

 

小西さんの言葉。

「情熱に勝るものはない」
「人たる所以を学ぶことが何よりも大切」
「世のため、人のためになることをしよう」
「損得ではなく、常に善意で生きよう。
善意(心)にこそ全ての解決策がある」

 

やっぱり一流と呼ばれる人は、世のため、人のために生きている。
最後に、小西さんが常に心の中で大切にしている「詩」を紹介します。

 

生きているということは
誰かに借りをつくること
生きていくということは
その借りを返してゆくこと
誰かに借りたら 誰かに返そう
誰かにそうして貰ったように
誰かにそうしてあげよう

 

小西先生、素晴らしいお話を沢山聞かせていただき、
本当にありがとうございました。
今度は神戸に会いに行きます!

P.S. ココ・シャネルはホテルリッツに住んでいたそうで、
なんと、シャネルのご飯を小西さんが作っていたとのこと!!!


感謝

投稿日:2017年07月24日(月)

先週、終業式を終え1学期が終了しました。
2・3号児も区切りとして1学期終了です。

1学期間、沢山のご協力・ご支援ありがとうございました。
2学期も、どうぞ宜しくお願い致します。

 

クラス会に来てくれた小学1年生、
卒園アルバムの感想を書いて下さった保護者の皆様、
ありがとうございました。

感想を拝見させて頂き、喜んで下さったことが伝わったので、
稲田さんも私も、ほっとしました。
製作中思ったことが、JUO KIDSの良い写真をもっと載せたい!
ページ数をもっと増やしたい!
そんな思いから、今年度のアルバムは、稲田さんに無理を言って、
ページ数を増やしていただくことになっております!
稲田さん・スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

金曜日の夜は、1学期の打ち上げ!
先生達を絶対に喜ばせる!そのことだけを考えて、
担当の年中の先生達と一緒に仕切らせて頂きました。

バスの運転手さん、バス助手さん、事務の石井さん、看護師の小林さん、
フリーの先生達、担任の先生達、主任の4人、本当にありがとう。
特に主任の4人の存在は、園にとっても、私にとっても、
とてつもなく大きな存在だ。

1・2年目は、自分の仕事を覚えたり、自分のことで頭がいっぱいだと思う。
今はそれでいい。
でも、本当に大切なことは、主任の4人を見て分かる通り、
感謝の気持ち、謙虚さ、周りの人に元気・喜びを与える他喜力等、
人として最も大事なこと。
仕事ができるようになることも大事だけど、
それよりも大事なことがあるということを、常に頭に入れていてほしい。

 

先生達にはいつも言うことがある。
保育はそこそこできるけど、性格が悪くて保育しかできない、
そんな女性になるのではなく、
人として好かれる素敵な女性になって欲しいと。

私も頑張ろう。


お泊まり会2日目

投稿日:2017年07月20日(木)

お泊まり会が無事終了しました。
きららの里さん、鵜の岬さん、池田先生、
ご協力ありがとうございました。

2日目の様子を少し紹介。

起こしても、どうにか寝ようとする姿がかわいかった。

自分達で使った布団は、自分で畳んで、

池田先生が早朝から、仕事の合間を縫って来て下さったので、
朝食まで 池田先生と遊びました。

深謝

朝食も夕食同様、残食がまあ少ない。

朝食を食べた後は、毎年恒例の宝探し。
1m50cm以上の山を飛び越えなくてはならないため、
山の前で立ち止まってしまう子も・・・。

その後、勇気を出してチャレンジ!
自然の中で、リスク・チャレンジ・冒険の要素が入った遊びは、
やっぱり良い!

そして、これも恒例となってきた、池田先生と私による余興。

「スイカ割り+ 落とし穴」

毎年、子供達に大人気な余興なのですが、
今年は違った・・・

自分でも引くぐらい、スベった。
池田先生と、いつもと違って1日目の夕方じゃなく、
今日は昼間だったからですねかね・・・?と反省会。

海で沢山あそんだ後は、すいか割り

完璧な構えと、スイカの位置とのギャップが良い!

2日間共に、JUO KIDSよりも楽しんだ?
そのくらい楽しかったです。
楽しい時間をありがとうございました。